北見のファイナンシャルプランナー吉原です。保険・住宅ローンなら FP1級のFP家計ナビ。へご相談ください。

自動車保険

自動車保険

おすすめ度:☆☆☆☆☆

自動車保険について簡単に説明します。自動車保険の中身は大きく分けて3つです。

  1. 対人、対物

    事故等により、他人の物、他人自体をケガ、こわした場合の損害賠償費用としての保険。

  2. 人身傷害

    自分や一緒に乗っている人がケガ等をした場合の保険。

  3. 車両保険

    自分の車が事故等により壊れた場合の保険です。この自動車保険に対しては1、2、3ごとに考えるとわかりやすくなります。

まず1.について。自動車とはある意味、人を殺すことのできてしまう乗り物です

故意ではないにせよ、人を死なせてしまった場合、その損害賠償費用はとてつもなく高額です。 保険金の額の上限を決めることにより、保険料を安くすることもできますが、もしものことを考えて人に対しても、相手の物に対しても保険金額を「無制限」にした方がいいでしょう。ここをケチるぐらいなら、自動車保険は入らない方がいいです。

つぎに2.について。人は絶対乗せない、事故なんて絶対起きないという自信がある人は加入しなくてもいいです。でも、人を乗せる人なら迷わずいくらかはつけておくべきです。

自賠責は運転者にはお金がでませんが、この保険なら自分にケガなどが発生した時にも保険金をもらえます。同乗者が他人の場合、自賠責からさらに最高3,000万円の金額がでます。

最後に3.について、 これは、自動車を日常的に使う方で、車がなければ困る。もしなくなった場合、誰にも車を借りることもできないという人は保険料がかなり高くなりますが、入っておいた方が無難だと思います。そうでなく、保険料を安くしたい場合には、保険をなしにするというのもありです。 以上で自動車保険のおおまかな内容は終わりです。

ただし、問題が特約。
各保険会社ごとにさまざまな特約があります。ロードサービスの距離も保険会社によって違います。北海道など、直近の修理工場までけっこう遠そうな地域ではロードサービスが長い会社の自動車保険がいいと思います。

逆に、普段は電車等に乗るのが多い方であれば、そういった乗り物内でのケガ等も保険金をくれる会社がありますので、そういった会社を選ぶのはどうでしょうか?

 
PAGETOP
Copyright © FP家計ナビ。 All Rights Reserved.