FP家計ナビ。 代表吉原健壱

厚生労働省が確定拠出年金の加入年齢の上限を60歳から70歳に引き上げる検討に入ったそうです。

つまり、まだ検討段階なので決定ではありません。

厚生労働省としては、2016年の国会で改正し、2017年にも上限を引き上げる方向のようです。

確定拠出年金とは、簡単に言いますと、払う金額つまり拠出する金額は自分たちで確定し、将来受け取れる金額は運用次第というものです。

加入年齢が長くなるということは、加入者にとってはメリットのある話です。

ただ気になりましたのが、今後の定年も70歳になるのかなぁという点です。

今後も注目しておこうと思います。