FP家計ナビ。 代表吉原健壱

保険見直しの相談をしていると、こんなことをよく聞かれます。

相談者「病気になった時に、収入がなくなるから医療保険に入りました。」

私「えぇっ、それって誰に教えてもらったのですか?」

相談者「今の保険の担当の人です。」

私「国からお金をもらえるってご存知ですか?」

相談者「えっ、そんな方法があるのですか?知りたいです。」

それまでは知らなかったから、高い医療保険を払っていたとのことでした。この方はもちろんその後医療保険を変えて、保険料を安くすることができました。

実はこのように考えている方がたくさんいます。

でも、この考え方には多くの間違いがあります。

まず、医療保険は別名「入院保険」です。入院しないと保険金をもらうことはできません。病気になった時、完治するまでずっと入院しているかというとそうではなく、ほとんどが通院をして治すことになります。通院をした日の分だけ保険金をくれる会社もありますが、自宅療養中の場合、保険金を受け取ることはできません。

では、どうなるのでしょう?

まず病気で会社を休むとします。そうしたら、有給休暇を使いますよね。そして、有給休暇を使いきってしまったら、お給料をもらえなくなるかというとそうではありません。

「傷病手当金」という制度があります。社会保険、共済に加入している方は1年半の期間はお給料の2/3を国からもらうことができるのです。では、1年半をすぎたらどうなるかといいますと、「障害年金」を受け取ることになります。障害年金をいくら受け取れるかについては、現在の年金の支払状況によって変わりますので、ご興味のある方は社会保険労務士の先生などに聞いてみてください。