FP家計ナビ。 代表吉原健壱

いつもありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの吉原です。

北見市のKさま、昨日は面白い話をたくさんして頂き、ありがとうございました。

 

昨日のことです。私はKさまから自動車保険について教えてほしいと言われ、ご自宅にお伺いしました。

その時にKさまから実際に教えて頂いた話です。

私はFPなので、『そこ』は必ず確認するのですが、

知らないと「えーーー、そうなの?」

となるお話です。

実際にKさまも「えーーー、高すぎじゃない!?」

と気付いたのでよかったです。

ただ、油断すると気付かない・・・

私のようなFPが確認する『そこ』とは・・・

 

例をあげますね。

ディーラーさんと中古自動車販売会社さん。全く同じ中古車で諸費用込で200万円の車を買うとします。

現金の持ち合わせがないので、自動車ローンで84回払いをすることにしました。

すると、

中古自動車販売会社さんでは、毎月の支払いが31,672円。

ディーラーさんでは、毎月の支払いが26,228円。

なんと、まったく同じ車なのに、毎月の支払金額の差額が5,448円も違うのです!!

なんでだと思いますか?

これは自動車ローンの金利が違うからです。

中古自動車販売会社さんの金利は8.5%ぐらいです。

ディーラーさんは銀行さんからの借入を勧めてくれたので、自動車ローンの金利は2.78%ぐらいでした。

仮にディーラーさんの勧めてくれた自動車ローンで、毎月31,672円の支払いをしたとすると、

トータルで約240万円の車を買える計算になります。

プラス40万円です。この差はけっこう大きいですよね。

家を建てる方は金利をものすごく気にしますが、自動車だとついつい忘れがちになるのかもしれないですね。

みなさんも車を買う前に、金利について確認をとり、場合によっては銀行から借りるなどして安くする方が、

営業マンの方を相手に値引き交渉をするよりも、手っ取り早いかもしれませんよ。

 

これから雨が降りそうですね。視界が悪くなるため、お車の運転には充分にお気をつけください。