FP家計ナビ。 代表吉原健壱

相続が発生したした時に、相続人が先に亡くなっている場合、その相続人の子供が代わりに相続人となります。

例えば、夫婦2人と子供が一人いて、その子供は結婚していて孫もいるとします。夫婦の子供は早くに亡くなってしまい、その後に夫がなくなったとします。この場合、子供はすでに亡くなってしまっていますが、孫がいるため、この孫が相互9人となります。これを代襲相続といい、その場合の相続人を代襲相続人といいます。また、その孫もすでに亡くなっているが曾孫がいるとするなら、その曾孫が代襲相続人となります。

ちなみに、代襲相続人の法定相続分は代襲する相続順位に認められている相続分と同じです。さきほどの例で、亡くなった子の法定相続分は2分の1ならば、その孫の法定相続分も2分の1となります。

もし孫がいなかったとして、子の妻だけがいるとしたらどうなるのでしょうか。この場合には代襲相続は発生せず、子の妻に相続する権利はありません。

相続にはさまざまな問題が発生します。気になることがあれば、ファイナンシャルプランナーや司法書士、弁護士などに相談してみてください。