FP家計ナビ。 代表吉原健壱

医療費控除について簡単に言いますと、

払った医療費に対して税金がちょっと安くなる制度です。

目安としては、家族の医療費を10万円以上払った場合に税金がちょっと安くなります。

今までは、確定申告をし、領収書を全部付けなくてはならなかったので、少々面倒でした。

それが、マイナンバー制度の導入により、医療費の分については領収書を付けたり、内容を記入したりする面倒がなくなるとのことです。

2017年の夏から始まる予定らしいです。

ただし、医療費控除には医療費だけでなく、病院に行くための交通費も控除の対象となりますので、その分は自分で集計して計算する必要があります。

さらに計算をする際には、もらった医療保険の分を差し引いて計算をする必要があります。

つまり、計算式は次のとおり。

『払った医療費+交通費-もらった医療保険や高額療養費制度による還付額』

です。

自分が医療費控除でどのくらい税金が安くなるか知りたい方は、身近な税務署、もしくは税理士事務所、又は税理士と提携しているファイナンシャルプランナーに聞けばわかると思います。

気になる方は、ぜひ確認をしてみてください。