FP家計ナビ。 代表吉原健壱

北見市のMさま、本日は所得補償保険の更新の手続きでお時間を頂きまして、

ありがとうございました。

また、お役に立てることがありましたら、いつでも気軽にご連絡くださいね。

さて、雨ですね。

気温がちょうどよく、気持ちいい一日ですね。

 

では、「医療保険じゃ収入の保障は不可能!?」

についてです。

たまにご相談に来られる方の中に、

「働けなくなった時に、収入が減ってしまうのが不安なので、医療保険に入ってます。」

と言う方がいます。

あなたも心当たりありませんか。

なるほどと思い、証券を見させていただくと、

入院 1日20,000円

なんて書いてあったりします。

でも、これは入院して初めてもらえるものであり、

自宅療養中にはもらえません。

となると、収入の補てんができないのです。

家にいたらもらえませんからね。

「じゃぁ、どうしたらいいの?」

簡単にですが、お話しします。

まずは、傷病手当金という制度があります。

職場で健康保険にご加入なさっているのであれば、

お給料(標準報酬月額)の3分の2の金額を、

最長1年半にわたり、受け取ることができます。

1年半を超えたらどうなるの?

1年半を超えてもまだ働けないのであれば、

よほど重い病気なのでしょうから、障害者に認定され、

障害年金を受け取ることができます。

ただし、障害者認定を受けれず、年金を受け取れない場合もありますので、注意が必要です。

なので、障害認定を受けれるか不安、国民健康保険に加入中なんだけどと言うのであれば、

所得補償保険という保険がありますので、

こちらの検討をすることをオススメします。

なじみのファイナンシャルプランナーなどに相談してみてくださいね。

では、

あなたのマネーライフが今より改善されることを、心より応援いたします。