FP家計ナビ。 代表吉原健壱

月曜日の日経新聞に「新種保険続々の謎」という記事が掲載されていました。

富士山噴火の保障だったり、再生医療を使った場合の被害補償だったりです。

世の中が変わっていったり、新しいことが始まり、

それに対して、もしもの時の保障が必要な場合には、

その「もしも」に対する保険があれば、

加入する事を検討するのもいいと思います。

そして、

私のところに相談に来られる方からの質問で、

かなり多いのが、

「自分にとって必要な保険がなんなのかわからない。」

「今、入っている保険が本当に必要なのかわからない。」

「なんとなく不安だから、保険会社に勧められたまま保険に入って、毎月保険料を払っている。」

これらの質問がほぼ大半を占めます。

そして、

実際に加入している保険を見ていると、

私の体感ですが、

「このままでいいんじゃない」と思えるのが、

5%ぐらいです。

まぁ、相談に来るぐらいだから、問題点があるのは、

当たり前と言えば当たり前ですが、

非常に多いと思います。

ここからは宣伝っぽくなるので、あまり言いたくないのですが、

保険ってよくわからない。

今のままでいいか確認したい。

こんな想いがあるのなら、中立の立場のファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

私だったら、今のままで良ければ、そのままでいいですよ。

と言いますので、ご安心ください。

聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

さらに、保険は複雑なので、わからない方の方が多いので、

聞くのは一時の恥ですらありません。

ご興味があれば、ぜひファイナンシャルプランナーに頼ってみてください。

今の保険がいいか迷われている方を、心より応援・サポートいたしております。